Facebook Twitter
labourfair.com

鬼ごっこ: 使用して

使用して でタグ付けされた記事

ビデオ会議または Web 会議を成功させるための 8 つのステップ

投稿日: 7月 18, 2022、投稿者: Thomas Lester
成功したビデオまたはウェブ会議は、本当にあなたの会社を著しく育てることができます。 オンライン会議は現在、インターネット以前の時代には不可能な方法で人々を結び付けています。 ただし、オンライン会議と同じくらい強力な楽器は、会議を適切に準備するときに最も効果的です。 次のビデオやWeb会議が大成功を収めていることを保証するのに役立ついくつかのステップを紹介します。 すべての参加者がその場所に十分な帯域幅があることを確認してください。 すべてを取得するのに十分な帯域幅を所有していないだけで、オンラインでビデオを見ようとすることほどイライラすることはありません。 参加者が十分な帯域幅を持っていない場合、レイテンシーの遅延があり、彼女または彼は経験から利益を得たり、適切に参加することはできません。 必要な帯域幅の量は、システムごとに異なり、さらに、会議で使用する機能に従って異なります。 たとえば、ビデオ、オーディオ、画面、アプリケーションの共有などの機能には、要件が異なります。 ベンダーまたはプロバイダーに相談して、最小帯域幅の要件が何であるかを発見し、すべての場所が実際に十分な帯域幅を持っていることを確認してください。 オンラインカメラをテストして、適切に機能していることに注意してください。 ビデオが間違いなく場所に関与する場合、ポジショニングがカメラをテストして、すべてが十分に機能していることを確認してください。 理想的には、すべてのカメラは、使用するビデオまたはWeb会議システム内からテストする必要があります。 単一のアプリケーションで正常に動作しているカメラは、別のシステム内で異なる動作をする場合があります。 事前に確認してください。そうすれば、会議の日に驚きがありません。 事前にサウンド機器を確認してください。 Voip(Audio)が会議自体から使用される場合、これらのツールがマイク、ヘッドセット、スピーカーであるかどうかにかかわらず、すべての参加者が必要な適切なツールを持っていることを確認してください。 会議前に参加者に適切なアクセス情報を提供します。 オーディオがオーディオ電話会議で間違いなく実行される場合、すべての参加者がダイヤルインにアクセスできるようにし、PIN(個人識別番号)にアクセスできるようにします。 。 会議日前にプレゼンテーションの「試用版」を実施します。 会議のプレゼンターまたはリーダーは、事前に練習する必要があります。 プレゼンテーションが間違いなく関与する場合は、間違いなく、ビデオまたはWeb会議システムのこの領域をテストした資料を提示する人が誰でも確認してください。 利用されるプレゼンテーションは、特定の会議の日付前に別の当事者に証明する必要があります。 会議のかなり前に参加者にWebアクセス情報を提供します。 すべての参加者がビデオとWebの「会議室」にアクセスする方法を学ぶことを確認してください。 会議のかなり前に各参加者に電子メールの「リンク」を送信して、適切な日と時間がここに来たら会議に簡単にアクセスできるようにします。 使用するビデオまたはWeb会議システムで、できるだけ多くのトレーニングを取得します。 ホストは、使用するビデオまたはWeb会議システムに非常に馴染みがあり、より快適でなければなりません。 ベンダーまたはプロバイダーによってトレーニングが現れた場合、システムに精通していることを覚えておくことができます。 システムの知識は、完璧な会議や会議を開催するのに役立ちます。 特別な日の前にテスト会議を実施します。最も重要なこと! 「ビッグ」会議の日の前にテスト会議を1つまたは2つ実施します。 テストは、すべての参加者を集める前に、できるだけ多くの驚きを排除するのに役立ちます。 技術的な不具合から無料で集まることは、あなたが自分の会議の目標を達成するのを支援するためにはるかに行きます。 効果的なオンライン会議の鍵は、Web会議、ビデオ会議、おそらく両方の組み合わせであろうと、準備、準備、準備です。 準備が整っていれば練習すればするほど、間違いなくウェブミーティングが高くなります。...

職場の騒音

投稿日: 7月 28, 2021、投稿者: Thomas Lester
機械、人々、環境はすべて、職場での騒音に貢献しています。 マシン、コピー機、プリンター、ファックス機、ファン、エアコン、コンピューター、電話、その他多くの専門機器が職場での騒音源です。 前述の人々は、話をしたり、タイピングしたり、動き回ったり、動き回ったりすることで前述のものに加えて、仕事での騒音のもう1つの原因です。 環境は、壁、天井、窓などの硬い表面から音を反映して増幅することにより、音に貢献します。 近くの車両の交通騒音やその他の職場もDINを増やします。 真実: マシンの音は低い頻度です。 頻度の低い音は、効率が低下し、病気になる可能性があります。 時間が経つにつれて、振幅が十分に大きい場合でも、内部臓器に損傷を与える可能性があります。 時には、エアコンや空調ダクトの騒音の問題が病気の速度を高める可能性があります。 人々の音は通常、より大きな頻度です。 ピッチとボリュームに基づいて、これは時々非常に迷惑になる可能性があります。 大きい他の人は、私たちが得るより大きなものです - コントロールのない音のスパイラルを延期します。 周囲に追加 - 天井、壁、窓のように箱。 ノイズは、硬い表面を反射することで、より大きく、大きくなります。 これにより、より多くの病気、迷惑、および有効性が低下します。 ソリューション: は、起源または真実の後で、ノイズを減らしたり排除したりします。 人々を追い払ってビジネスを運営するのは難しいでしょう。 通常、マシンが作る音を最小限に抑えるためにできることはほとんどありません。 ノイズリダクションを達成する方法はたくさんあります。 最良の、またはクラスは、ノイズを念頭に置いて構造を作成することです。 これにほか、私たちはそれをよりシンプルにするために多くのことをすることができました。 サウンドコントロールと削減には3つの主要な方法があります。 - 吸収は、ノイズキャンセルまたは音響エネルギー変換材料を使用してノイズを減らすことです。 - たわみは、余剰音を遠ざけるために健全な反射素材を使用しています。...