Facebook Twitter
labourfair.com

鬼ごっこ: 情報

情報 でタグ付けされた記事

ビジネスとデータのトレンドに関するガイド

投稿日: 7月 20, 2023、投稿者: Thomas Lester
通常、今日のビジネスコミュニティが立っている要因が1つの要因である場合、それは間違いなく組織の情報管理システムです。 データのキャプチャと解釈の重要性は、すべてのビジネス組織や大企業の家を多くの人が作ることと壊れて、効率的なデータ管理によって決定される方法です。 最初の場所でデータをキャプチャすることとして知られているデータの収集は、ほぼすべてのビジネスハウスにとって不可欠です。 あらゆる種類の取引には、ビジネスの内部および永遠の働きの両方を制御するためにデータが必要です。 組織ごとに扱われた製品に関する情報、企業の成長のために仕事をしている従業員、および利用可能なマーケティングの機会を慎重に研究し、ビジネスプロモーション、拡大、日常の通常のビジネスの運営について分析する必要があります。 | - |データの操作と解釈は、データ入力、ストレージ、および検索の技術のみが、ビジネスコミュニティの成長ニーズに合わせてアップグレードされ続けているため、企業の基本的な要素でした。 組織のデータ管理要件を備えた大規模な紙の作業の古い方法は、コンピューターの時代に対する解決策を長い間与えており、ペーパーレスオフィスの時代が長い間家に電話をかけています。 データのコンピューター処理は、ほぼすべてのビジネスにおけるいくつかの形式のデータニーズに対して、はるかに優れており、信頼性が高く、高速です。 1つの場所に多数のデータを収集し、それを簡単に操作する機能を持つことは、デジタルデータセットアップの最大の利点の1つです。 | - |コンピューター化された情報は、データの要件、性質、レベルに応じて、メディアの選択に保存できます。 必要な1回だけ検索するために不可欠な大規模なデータは、永久蓄積のためにセカンダリストレージデバイスに保存できます。 デバイスとCD-ROMは、データリポジトリとして機能することですでに人気があります。 データは、CDライターを使用してCD-ROMに書き込むことができ、ハードディスクの情報はコンピューターの助けを借りて保存されます。 | - |データ共有と転送でさえ、コンピューター化されたデータ管理の発明により数分になりました。 ビジネスを運営しているものに関する情報は、彼が遠隔距離に位置することができたとしても、行動を起こすために力を得る人が誰でも簡単にアクセスできます。 コンピューターの成功のためにデータの転送と共有が不可欠な特別なビジネス組織では、天国の祝福であり、その経済的地位を大幅に後押しすることが含まれています。 航空会社の予約、鉄道の予約、ビジネスのさまざまな分野でのビジネスのパフォーマンスはすべて、デジタルコンピューティングシステムの導入により簡単になりました。 | - |これらのデータの広がりとバックアップの維持は、さらに企業に役立つことを除いて、データの盗難とデータの損害のリスクを生み出しています。 世界中のハッカー、さらに社会的技術的な犯人は、ビジネスの重要な事実にアクセスして誤用するリスクを冒します。 この火災、洪水、稲妻、または突然の事故のような自然な損害は別として、ビジネスデータは、一部の悪意のある人間の不正行為から保護されなければなりません。 これらの必需品のそれぞれは、企業が暗示している他の安全上の注意事項とともに、データセキュリティソフトウェアを強力に後押ししています。 予想されるデータ損失に対する保護を暗示するために開始時に発生した過剰費用でさえ、ビジネスハウスの長期的な利益について考慮される価値があります。 | - |...

ドキュメントのシュレッダーと紙のシュレッダーが重要な理由

投稿日: 8月 15, 2022、投稿者: Thomas Lester
ドキュメントシュレッディング。 ドキュメントシュレッダー。 紙の保護。 ドキュメントのセキュリティと破壊についてそのような条件が投げかけられていることを頻繁に聞いてみたいと思うでしょう。また、とにかく紙の細断についての大したことが何であるかを正確に疑問に思っています。 あなたは以前にそれをやったことがなく、なぜあなたもなぜ必要なのか理解していません。 紙切りと彼らの同類、中央線の文書シュレッディングなどの細断方法、とりわけカールトンドキュメントの細断は単に不必要な費用です。 大まかにあなたが想像しています。 さて、再考! | - |情報の拡散によってますますマークされている時代に、これらの詳細が保護されている場合、つまり本物でも文書保護もない場合、個人またはおそらくビジネスエンティティが享受する競争上の利点は、明日簡単に明日消える可能性があります。 バーチャル。 毎日新聞には個人情報の盗難の場合がたくさんあり、次の損害は純粋に繊細な文書が保護されていなかったために引き起こされます。 誰かが必要な情報を保護するために十分な注意を払っていなかったため、銀行詐欺および請求カードの誤用のいくつかのケースは純粋に事件です。 センターラインドキュメントのシュレッディングやコンコードドキュメントシュレッディングなどのシュレッディングテクニックを忘れてください。多くの企業幹部やビジネスエンティティは、紙のシュレッダー自体にも慣れていません。 | - |この不十分な知識が犯罪の機会にそれ自体を流行させないことを確認するために、いくつかの国の政府が情報セキュリティの国家政策を制定し、企業がセキュリティ番号などの文書破壊の方針を取得することを義務付けています。 これらの記録を失うときなど。 それがまさにあなたの組織とあなたが紙切れと彼らが提供する驚くべき有用性の必要性を認識すべきである理由です。 恐れないでください、紙の細断は常に、市場が提供する多くのアウトソーシングオプションがあるため、紙のシュレッダーへの投資に費やすべきではありません。 あなたが達成するために必要なのは、認定された紙の細断機関のディレクトリを調査することだけで、彼らはあなたの家に来て、彼らの機器内であなたの記事を細断します。 汗かいていない! | - |問題の核心は、廃棄された文書を細断するかどうかにかかわらず、あなた自身の決定に進むことを選択したかどうか、あなたはそれらの重要性と有用性に注意する必要があります。 JustPapershredDers...

内部仮想倉庫を作成する

投稿日: 4月 2, 2022、投稿者: Thomas Lester
内部MRO仮想倉庫(または企業MROカタログ)を作成すると、マルチサイト企業が組織全体で資産を活用し、在庫部品の価値を提供することができます。 | - |企業のカタログを使用すると、企業はすべての企業情報を単一のビューを持つことができます。 会社全体の部品を「仮想」倉庫に統合することは、あなた自身の組織にとって強力なツールになります。 総在庫を表示して、ボリュームの使用、一部の同等、共通のサプライヤー、価格の変動などを決定できます。| - |ボリュームの購入をさらに増やし、価格設定を削減するために、製品ラインを選択して義務付けることができ、サプライヤーベースを統合し、優先サプライヤープログラムを実施できます。 | - |ケーススタディの例で説明してください。 11の場所を持つマルチサイトパルプ&ペーパーメーカーは、長年にわたって企業カタログを作成することを想定していました。 しかし、彼らはただ話す段階を超えたことはありませんでした。 理論的には問題なく聞こえましたが、実装を計画しようとしたときはいつでも、単一のシステムが整っていないと、不可能な仕事のように見えました。 | - |その後、展示会で、彼らはデータクレンジング会社に紹介され、その道が明らかになりました。 企業カタログの基礎は、標準のデータレイアウトと単一の番号付けスキーマです。 | - |データのスクラビング、標準化、強化により、各プラントのデータは、居住していたシステムとは無関係に正規化されました。 正規化されたデータ内で、会社の命名法が確立されました。 | - |各サイトの現在のアイテム番号のエイリアスとして機能するために、コーポレートアイテムの番号付けスキーマが導入されました。 そうすれば、メンテナンスの商人は馴染みのあるアイテム番号を引き続き使用できますが、まったく同時に、企業のサプライチェーンがサイト間でアイテム情報を統合することができます。 | - |結果はそれ自体を物語っています。 現在、ビジネスにはMROアイテムの企業カタログがあります。 重複したアイテムは、各サイトの内部ストアインベントリから削除されました。 余剰アクティブインベントリは、消耗を通じて使用するため、および/またはクレジットのために売り手に戻るために特定されました。 卸売業者と製品ラインの両方が、追加のボリュームベースの節約のためにマージされました。 互いに近接しているサイトは、一般的な重要なスペアパーツを共有しています。 | - |これらのイニシアチブは実際のお金の節約を生み出し、企業カタログの導入によってのみ達成可能でした。 現在、すべてのサイトが1つのエンティティとして機能し始めることができます。 MROストックに関する限り、彼らはデジタル倉庫を持っています。 | - |これまでに、11のサイトのうち6つが完成し、企業カタログに含まれています。 それぞれが約半分の貯蓄を獲得しており、その努力がそれ自体を正当化する以上のものであることを示しています。 | - |MROコーポレートカタログ(およびすべてのサイトのカタログ)のデータ整合性を維持するために、ビジネスは継続的なカタログ管理のニーズを情報クリーナーにアウトソースすることを選択しました。 それは真のパートナーシップ関係です。 | - |企業のMROカタログ(またはデジタルウェアハウス)は、企業が組織全体のために資産を活用して株を最適化できるようにする強力なツールです。 | - |...